天神の大画面前(ソラリアビジョン)でナンパしたら即日お持ち帰り出来た件

3月中頃の事だ。

週末になると毎週、決まってナンパをしていた僕は土曜日のこの日もナンパに繰り出した。

 

今回のエリアは天神。

 

その中でも特にナンパが活発に行われている、天神の大画面まえだ。

正式名称はソラリアビジョン。

言わずと知れた天神の待ち合わせスポットであるは、ナンパ師が多数常駐しているナンパスポットでも有る。

 

タク
ちなみにマッチングアプリの待ち合わせスポットとしても定番。僕もよく利用している。

 

今回は、ここでナンパを試みてみたときの体験談を伝えたい。

明るいが午後18時ごろである。

 

この日も数多くの待ち合わせ中の女性が居た。

早速ターゲットを見つけ声をかける。

見つけたのは、南明奈を少しクールにした感じの女性。

 

年齢は20代前半であろうか

素直に可愛い

早速声を掛けてみることに

 

僕「こんにちは」

女「どうも」

僕「待ち合わせ?」

女「うん。」

僕「そっか、友達?」

女「いや、彼氏。もうくるから。」

僕「あ、そうなんだ。たのしんでー!」

男との待ち合わせの場合は、すぐに手を引く。

トラブルを避ける為だ。

気を取り直して次の女性へ。

 

僕「今からデート?」

女「・・・」

 

無視である。

実際大半は無視。

よくあること。

 

見つけたのは、20代後半くらい。
見た目的には僕と同い年くらいであろうか。

顔は榮倉奈々を若干劣化させたくらい。

しかし、胸は大きい。

服装もミニスカで派手だ。

早速声をかける。

僕「今からデート?」

女「いや友達と待ち合わせですー」

僕「そっか、俺とデートしようよ!」

女「いや、てか誰w」

僕「ボランティア活動が大好きなアラサーおとこ!」

女「なにそれwボランティア活動って何w」

僕「こうやって暇そうな人の暇つぶしに付き合ってあげるボランティア」

女「どんなボランティアですかw」

僕「やっぱり人助けの心って大切やん?」

女「優しいw」

僕「友達いつくるの?」

女「多分もうすぐ。」

僕「今日は飲み?」

女「そうそう。近くのお店で」

僕「そうなんだ。よかったら今度俺とデートしようよ!」

女「またデートw飲みいくだけならいいですよw」

僕「じゃあLINE教えてよ」

女「はーい」

LINE交換だけして、ここで、彼女を一旦放流。

しかし、その後、2、3人に声をかけるが、特にいい反応がない。

今日はこれまでかと、諦め、1人でラーメン食べた後、大名のBARへ

先程の女性とLINEで連絡をとっているとなんと、女性グループは1次会で解散したらしく、BARで飲んでいることを伝えると、この後二人で会うことに。

時間は21時過ぎ。

僕も店を変え、合流。

 

 

ちなみに服装はこんな感じ(例)

 

僕「久しぶりー」

女「久しぶりじゃないしw」

僕「www近くのBAR行く?」

女「うん、行こう行こう」

僕もだが相手もいい感じに酔っ払っている様子。

とりあえず、飲みながら色々と話していると、年齢は1つ下の29歳で看護師だった。

なかなかノリが良い。

彼氏は2年くらい居ないらしい。

出会い系などもやったが、特に良い出会いもないそうだ。

 

この辺りから、ギラついてみる。

話をしながらさり気なくボディタッチをする。若干抵抗してくるが、切り返しトークをしながら続ける。

徐々に、避けることも無くまんざらでもない感じに。

 

頭ナデナデして、腰をスリスリしても抵抗が無い。

 

僕「この後どうしよっか。」

女「どうするー?」

僕「ちなみに明日は仕事?」

女「ううん、休みだから大丈夫だよ」

と話した時、脚を僕の脚に絡めてきた。

 

クラブ以外でこれほど積極的な女性は珍しい

僕「落ち着ける場所行こうよ」

女「いいよー!」

店を出ると僕らは今泉のラブホへ歩いて向かった。

 

朝になると彼女が横で寝ている。

もう1回戦して解散。

 

自宅へ帰って二度寝。

僕の想い出深いナンパ体験の1つだ。

 

 

 

 

 

ナンパブログランキング
今何位?
↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

このブログには書けない僕のナンパノウハウを全て詰め込みました