福岡天神で酔っぱらいナンパ。出会って60分で即

今回は出会って約1時間後には即っていた事例を紹介したいと思う。

場所は福岡の天神エリア

 

ちなみにこのときのツイートの体験談となる

 


某日。

この日は、友達との飲み後のソロナンパとなる

 

飲み終わりにナンパをしよー。っとと思い、警固公園あたりでナンパを始める


時刻は20時ごろ

 

タク
ちなみに結構酔っ払っていた

 

 

 

僕:お姉さんかわいい。ねえ、どこいくの?

女:無視・・・

 

 

僕:あの、めちゃくちゃタイプです。可愛いですよね。

女:いえいえ

足早に去っていく。

 

 

僕:こんばんは。お姉さん待ち合わせですか?

女:友達待ってて

僕:そうなんだ。実はめちゃくちゃタイプで。友達すぐ来る感じ?

女:うん。あ、来た

その場を立ち去る僕

 

 

こんな感じで適当にナンパしていた。

 

20時だとギリ飲み終わりの人が居る時間帯。

飲み終わりの人が居ないかなーと探していると、タイミングよく顔が少し赤くなった女性を発見。

 

声掛けを始めて8人目か9人目くらいだっただろうか。

ということで声掛け。

 

 

僕:こんばんは。飲み終わりですか?

女:そうです

僕:へーいいですね。よく天神居る?

女:うん、結構来るかも

僕:結構飲んでそう笑

女:まあねー

…etc

 

少し会話したあと連れ出し打診

 

僕:もう1杯だけ飲み行きません?

女:明日早いんで

僕:俺も早いんよー。5時おき。だから1杯だけで帰ろ

女:えー

僕:ほんと1杯だけで

女:本当に1杯で帰りますよ

 

ということでそんな流れで連れ出し。

適当に近くの居酒屋に入店

 

 

色々会話をすると、この方、教師だった。

エロい。。。

 

 

僕も相手の女性も飲み終わりからの飲みということで結構酔っ払っていた。

時刻は21時ちょい過ぎ頃。

 

会話の中では、相手を褒めまくって承認トークしまくり

僕と相手の会話比率が3:7くらいになって、ほとんど相手が喋っている状態。

 

タク
この状態こそ、喋らないナンパ術だと思っている。会話比率は相手より圧倒的に少ないが、主導権はこちらにある。状態。

 

 

そこからボディタッチ。ギラつきまくり

note購入者は第9章を要参照
ギラつきに関しての具体的な方法は僕のnote購入者であれば第9章を参照してください。
>>note第9章はこちら<<

 

相手もかなりその気に

 

テーブルの下で、相手の足に自分の足を絡める

 

相手の目を見つめて、

 

僕:ねえ、●ちゃんと、めっちゃエッチしたい。もっと一緒に居たい

と、相手の足を、自分の足でスリスリしながら言う。

 

女:ほんとー?

僕:うん。まじで、一緒に居たい。かわいいし

女:嬉しい

僕:いっしょに行こ?ホテル行きたい

女:うん。

僕:行こ

 

 

出会って約1時間後の出来事だった

 

店内ではかなりのボディタッチにも全く拒否反応示さず

僕に対する相手の視線の熱度がどんどん上昇していく。

タク
承認トークとギラつきを繰り返すことで相手の反応もどんどん良くなり、相手の目はトロ〜ンとなり、崩れていく様がたまらなく好き。

 

女性を落としてる。という感覚が手にとるようにわかる。

 

この感覚を、承認トークを使って体感してもらいたい。

 

 

相手の反応を見ていけば、店内で、「エッチしたい」とか、ストレートに「ホテル行きたい。」と伝えても相手が拒否することはなくなる。

というよりは、相手の反応をみて、「この反応であればホテル打診しても断られないな」ということがわかってくる様になるので、ホテル打診しても断られることは滅多になくなる。

 

この感覚を見極められるようになれば、ナンパ師として一人前と言ってもいいのかもしれない。

このブログを書きながら今思った。

ナンパブログランキング
今何位?
↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

 

4年間で350人以上の女性とSEXしたタクのナンパ理論完全版!